情報の発信

ネットに書き込まれた誹謗中傷への対策費用

インターネットに接続してブログを書いたり、ソーシャルネットワーク上に日記を書いたり、あるいは掲示板に書き込みを行うということはそれほどお金がかかることではなく、誰でも手軽に出来ます。 WEBページを自分で制作することや、動画制作も身近なものになってきており、多くの人が様々なコンテンツを作って楽しんでいます。その分、面白半分に人の噂話を書き込んだり、あるいは特定の人をおとしめるために誹謗中傷を書き込む人がいます。 もし、自分や企業に対する誹謗中傷を書き込まれてしまい、そのことによって仕事で不利益を被った場合はどうすればいいのかというと、対策を取ってくれる業者がいるので頼んでみるといいでしょう。たとえば弁護士であれば、誹謗中傷が書き込まれている掲示板の運営者に削除依頼を出したり、あるいは誰が誹謗中傷を書き込んだのか突き止めるといったことが可能です。費用については、削除依頼の代行は数万円程度、書き込んだ人を突き止めて告訴するという場合は数十万円と考えておくといいでしょう。

ネット犯罪に対する法律が整備されてきて対策が取れるようになってきた

インターネットが普及し始めた頃は、誹謗中傷対策というのはほとんど不可能な状態でした。というのは、まず、ネットでの誹謗中傷被害が一般化しておらず、警察が積極的に取り締まることがなかったので、被害を訴える先が存在しなかったからです。 しかし、ネット上で犯罪予告を行って実行に移したり、あるいはストーカーがネットで脅迫をして実際に相手を傷つけたりという事件が多くなってきて、ネット上での誹謗中傷が罪に問われるケースも増えてきました。 また、ネット上の犯罪に対する法律が整備され、誹謗中傷を書き込んだ人間のIPアドレスがわかればプロバイダに対して個人情報の開示が出来るようになり、被害者が法に基づいた対策を取れるようになってきました。

誹謗中傷のしくみ

オフィス

インターネットやSNSの普及に伴い、誹謗中傷が大きな問題になってきている。誹謗中傷は不利益をもたらすものに対して行なわれることが多く、時には自己防衛の働きもあるが、無実のことでも被害が拡大することもある。

詳細を確認する...

ネットを活用した広げ方

オフィス

WEB制作会社はインターネットが普及したと共に増えてきました。依頼するのでしたら、まず自社の目指すデザインなどを洗い出し、その好みに合わせて作成できるWEB制作会社を選ぶ必要があります。

詳細を確認する...

動画が使える場面は多い

WEB制作

企業の宣伝をする際やWEB上での集客をする際にも動画制作は有効的な手段ですが、セミナーや社員研修、施設やサービスの紹介にも利用出来ます。持ち運びも簡単で場所も取らないなどのメリットもあります。

詳細を確認する...