皆さんは投資顧問の評価や口コミを見たことがありますか?ほとんどの投資顧問の評価は大絶賛か酷評で分かれています。

  • ホーム
  • ハイリスクハイリターンで攻めるなら仕手株

ハイリスクハイリターンで攻めるなら仕手株

株式投資は過去のチャートパターンから今後の株価変動を予想するテクニカル分析や企業の財務情報から将来の業績予想を行うファンダメンタルズ分析などを用いて投資戦略を組み立てることが一般的です。
しかし、株式市場は常に決まった動きをするわけではないためどれだけ綿密な分析を行ったとしても予想が外れることが少なくありません。
そのため株価を予想するのではなく現在において株価が上がっている銘柄を追いかけて利益を狙う手法に転じる投資家もいます。

そういった投資手法で利益を出すときに一考する価値があるのが仕手株です。
仕手株はハイリスクハイリターンであることはよく知られていますが、ほとんどの場合で株価が上昇する期間が存在するためそのタイミングで参加することができれば一定の値幅を取ることが可能です。
その後も仕手筋による動きが順調に進めば勢いを増して株価が上昇していき、時間を掛けてテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行わなくても仕手株投資によって十分な利益を得られることになります。

とはいえ、仕手株はハイリターンを得られる可能性がある一方でハイリスクを背負う投資であることを忘れてはいけません。
仕手株を動かしているのは大規模な仕手筋集団や資金力がある個人投資家という株式市場における強者ですが、こういった強者の目的は銘柄の株価を高騰させて自分たちがいち早く売り抜けることにあります。
仕手筋が売り抜けに動くと仕手株は一気に株価を落とすことになって自分だけが高値掴みをしたまま取り残されてしまうことがあります。
銘柄を動かしている仕手筋が動くタイミングを見抜くことができなければ今後上がる見込みのない株式を手にしたまま自分の資産が減っていく様子を見続けることにもなりかねません。
加えて、仕手戦を仕掛けられた企業の抵抗や株式相場全体の流れという理由で仕手筋の目論見が必ず成功するとは限らず、株価が高騰しないままになることもあり得ます。

仕手株疑惑がある銘柄をまとめているサイトもある

仕手株投資を行う際に最も必要になるのは、どの銘柄に仕手筋が介入しているのかという情報です。
しかし、株式市場には数え切れないほどの企業が上場していて、仕手筋がどの銘柄をターゲットにしているのかを事前に察知することはほぼ不可能です。
そこで、仕手筋が介入している可能性がある銘柄、つまり仕手株疑惑を持つ銘柄を掲載しているまとめサイトやブログを参考にすることがおすすめです。

このときに注意しなければならないのは、普段は株式に関する記事を取り上げていないまとめサイトなどに仕手株疑惑がある銘柄についての記事が掲載された場合です。
株式と関係が無いまとめサイトに記事が載るということはその銘柄の値動きが著しく目立つものになっていて、株式投資を行っていない人の目から見ても何かが起きているということが察知できるレベルになっているということです。
そうなると仕手筋は早々に介入をやめて売り抜けに動くことになるため、高値圏に取り残されることがないよう素早く的確な投資判断をしなければなりません。
一般人にまで情報が出回ったときは仕手株としての終わりが近いということです。

また、仕手株疑惑がある銘柄を適宜まとめているサイトであってもすべての情報が正しいわけではないことや仕手株であったとしても失敗する直前の銘柄が掲載されている場合があること意識しておくべきです。
最終的な判断は投資を行う自分自身がしなければならず、発行済株式数や浮動株比率、直近の出来高、売り板の厚さなどを見て仕手筋の介入があるかどうかを確認しましょう。
そうすることでハイリスクであることを避けられない仕手株においてもリスクを減らしてハイリターンを得られる可能性を高められます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧