皆さんは投資顧問の評価や口コミを見たことがありますか?ほとんどの投資顧問の評価は大絶賛か酷評で分かれています。

  • ホーム
  • FXは常に値動きをチェックできる人向け

FXは常に値動きをチェックできる人向け

国内の株式投資は市場が開いている平日の午前9時から15時の間しか取引をすることができません。
つまりその時間だけ値動きをチェックすることができれば、急な動きにも対応することができます。
しかしFXの市場は世界中にあるため、週末を除いて24時間常に動きがあります。
国内が祝日の日も海外の市場は開いているので、FXをしている場合は祝日にも取引するチャンスはあります。
しかし、生きている人間がこの時間常に監視をして値動きをチェックすることは不可能でしょう。

世界では毎日のように様々な出来事が起きていますので、FXはそうした急な値動きに対応することができる人向けです。
もちろんあらかじめ注文を出しておくことも可能ですが、予想通りの動きをしてくれるとは限りません。
さまざまな出来事の結果を予測して取引する必要があるため、株式投資と比較するとFXはリスクの高い商品とも言えます。
株式投資と比較すると少額の投資で大きな利益を出すことができるチャンスがありますが、その分資金の全額を失ってしまう危険性もあるのです。

そのようなハイリスクな取引をしていた場合、値動きが常に気になって眠れなくなってしまうこともあります。
そうなると取引が日常の生活リズムにも影響を与えだしてしまいますので、持続的に取引を続けていくのであれば、リスクと資金をコントロールし、精神状態を平静に保っておく必要があります。
これは他の金融商品の取引でも同様で、冷静な判断ができなくなった状態での取引はするべきではありません。

取引している会社のアプリによっては、設定したレートに達するとアラートを出してくれるようなものもあります。
こうしたアプリを利用することによって24時間常にチャートを監視する手間は省くことができますが、深夜に起こされてしまうこともあるでしょう。
なぜなら外貨は日本が昼間の時間帯より、アメリカやヨーロッパが昼間である、日本時間の夕方から深夜にかけてが動きやすいからです。

FXには金利の変動やレバレッジリスクがある

このように取引時間の長さがデメリットになることもありますが、それに加えてFXには金利が変動することによるスワップ金利の変化や、高いレバレッジをかけることによるリスクも存在します。

FXでは持っている資金の何倍もの取引ができる仕組みがあります。
これがレバレッジです。
この仕組みのおかげで少額の資金でも大きな取引をすることができますが、高いリスクを負えばそれだけ簡単に損失が膨らんでしまいます。
また、売買の価格差であるスプレッドも、常に固定とは限りません。
これは取引にかかる手数料のようなものです。
取引量の少ない時間帯や急な値動きが起きた場合、売買コストが高くなることで手数料が大きくなることがあります。
スプレッドが広がるだけでロスカットに巻き込まれることもあるので注意が必要です。
特に安い手数料に安心している人ほど注意が必要でしょう。

金利変動リスクは特に長期間同じポジションを保有している場合に意識したほうが良いです。
一般的には金利が高くなればその通貨の価値が高くなり、低くなれば安くなります。
高い通貨がいつまでも高いわけではなく、他国の金利変動によっては相対的に安い通貨になってしまうこともあります。
取引している通貨ペアでそのようなことが起これば、スワップ金利の逆転が起きることもあるのです。
スワップ金利による利益を狙っている人は、定期的に政策金利の確認し、逆転していないか気を付けなくてはなりません。

FXは1回当たりの手数料は非常に安く設定されているため、少額の資金しか持たない投資家でも参加しやすい市場です。
しかしその分リスクを取りやすくなっているため、資産のバランスを考えた取引が重要になる市場です。

関連記事