皆さんは投資顧問の評価や口コミを見たことがありますか?ほとんどの投資顧問の評価は大絶賛か酷評で分かれています。

  • ホーム
  • IPO株の取り扱いが多い証券会社とは

IPO株の取り扱いが多い証券会社とは

新規公開株を意味するIPOは、まず主幹事証券および副幹事証券による公募の後に市場での売買が行われます。
IPOは市場で初値が付く際に公募価格を大きく上回ることが多いため、公募で株式を買うことができればリスクを背負うことなく多額の利益を得られる可能性があることから高い人気を誇っています。

しかし、IPOの公募は抽選によって行われるため一般投資家は抽選に応募して当選しなければ公募価格で株式を買うことができません。
抽選に当たるためにはIPO株の取り扱いが多い証券会社に口座を持って応募する必要がありますが、取り扱いが多い証券会社には一定の条件があります。
IPOを行う企業は確実に資金調達を行うため投資家に株式を売り切ってくれる証券会社を指名します。
これが主幹事証券で、新規公開株の80パーセントから90パーセントを扱います。
残りの株式は主幹事証券ではない複数の証券会社に割り当てられ、副幹事証券として投資家に販売するという仕組みになっています。

主幹事証券に指名される、つまりIPO株の取り扱いが多いのは新規公開株を積極的に購入してくれる顧客を多数持ち、企業のIPOを成功裏に終わらせることができる実力を持つ証券会社です。
そのためSMBC証券や大和証券をはじめとする老舗の証券会社が選ばれることが多いですが、近年はインターネット証券であるSBI証券やマネックス証券が主幹事証券の座を獲得することも増えています。
これはインターネットで株式投資を行う投資家が増えたことが大きな要因で、普段株式投資を行っている取引口座で新規公開株の公募に応募することが少なくないからです。

また、主幹事証券になったとしてもインターネットでの公募分が少ないことがある点には注意が必要です。
たとえば大和証券は個人投資家に割り当てられる株式数の15パーセントがインターネットで取引を行う投資家に配分されますが、SMBC証券はその割合が10パーセントになっています。

IPO株は株初心者にも扱いやすいメリットがある

株式投資を始めたばかりの初心者は、どういった銘柄に投資をすれば利益を上げることができるのかという投資手法を確立できていないことがほとんどです。
テクニカル分析やファンダメンタル分析の方法を知らず、チャート上の値動きのみを追いかけて運や勘に任せて投資を行っている場合すらあります。

そういった株初心者でも利益を出せる可能性があるのがIPOで、抽選に当たって公募価格で新規公開株を購入することができればあとは市場で初値が付いたときに売却するだけで利益を得られるという大きなメリットがあります。
抽選に当たるためにはIPOに関するコツを押さえることが必要ですが、個別銘柄の分析と比べると簡単で初心者でも行えます。

そのコツとして挙げられるのは、複数の証券会社に口座を開設しておくことと新規公開株を購入するために必要な資金を入金しておくことです。
IPOは一つの口座からしか応募できないという決まりはないので、複数の口座から応募することで当選確率を高めることが基本的な手法になっています。

また、証券会社ごとに異なる特徴を理解しておくことも大切です。
SBI証券はIPOチャレンジポイントという制度を導入していて、抽選に外れるとIPOポイントが付与されます。
このポイントは次回以降のIPO抽選時に使用することで当選の確率を上げられるというもので、タイミングを見計らって使うことで狙った銘柄に当選できます。
マネックス証券は割り当てられた新規公開株のすべてを個人投資家に配分しているため当選確率が高いと言えます。

IPOは専門的な知識が無くても抽選に参加できることに加え、公募に当選した時点で利益を得られることがほぼ確定しているため銘柄分析が心許ない株初心者でも扱いやすいというメリットがあります。
IPOを上手に活用しながら初心者から脱却できるように株式の勉強を続けましょう。

関連記事